てばこの独り言

DD方式NDD方式とは?

DD方式とNDD方式について
てばこ
てばこ
今日は業者の注文方法について説明するわよ
てばお
てばお
えっ?なんですか?「業者」の注文方法って
てばこ
てばこ
FX業者がお客さんの注文をどうやってさばくかって方法よ、NDDとかDDとかって聞いたことあるでしょ? 
てばお
てばお
無いです
てばこ
てばこ
あらっ?ECNとかは?
てばお
てばお
無いです
とり子
とり子
コケ?
てばこ
てばこ
あらっ?意外と認知度が低いのねっ!でもこれって業者を選ぶ際に結構重要なところなのよ。じゃあ最初から説明してくわね~ 
てばお
てばお
はいっ!お願いします!
とり子
とり子
コケッ! 

 

まずはDD方式(別名OTC)の説明です

DD方式の説明

 

てばこ
てばこ
まずDD方式なんだけど、まず普通はお客の注文をFX業者を通してインターバンク市場(金融機関だけが取引できる大きな市場)にストレートに流してもらってやり取りするのが透明性の高い方法とされているんだけど、このDD方式っていうのはお客の注文をストレートにインターバンク市場に流さず、一旦FX業者が注文を吸収(注文受けたふりして保留)しちゃうのよね
てばお
てばお
はぁ、でも普通に注文できるんなら、FX業者が吸収しても、ストレートに流してもらってもどっちでもいいのですが・・・
てばこ
てばこ
そうなのよ、お客は普通には注文できるから正直どっちでもいいって思うわよね。でも実はこの後にFX業者がなにをするかっていうと、「もしお客さんが勝ちそうなら注文をそのままインターバンク市場に流しちゃうし、お客さんが負けそうならインターバンク市場に流さない」つまり業者が注文を呑み込んじゃうのよ、いわゆるノミ業者ってやつね
てばお
てばお
なるほど。でもそれが僕たちになにか関係あるんですか?
てばこ
てばこ
そうねぇ、これはどういうことかって言うと、もう少しわかりやすく下の図で説明するわね。 

 

DD方式を馬券のやり取りに例えますと・・・

DD方式

 

てばこさんが競馬場にいるてばおさんに、1万円分の馬券を買うようにお願いしました。おこづかいもしっかり1000円あげました。

しかしてばこさんは競馬の素人、逆にてばおさんは競馬は得意です。てばこさん希望のお馬さんは今日は間違いなく勝てないだろうとてばおさんは思っています。そこでてばおさん・・

てばお
てばお
(どうせ当たらないなら買ったふりして僕の懐にいれてしまったほうが・・)

 

そして案の定てばこさんの予想はハズレます・・・。

 

てばこ
てばこ
あー!外したわー! 
てばお
てばお
残念でしたねっ!(手間賃+1万円もゲットできました!)

これがいわゆるノミ行為というものなのです。下記でキーワードを置き換えてみますと・・・

てばこさん=顧客

てばおさん=FX業者

馬券=注文

手間賃=スプレッド

 

となるわけですが、ここで大切なことは、FX業者と顧客の利益は相反しているということです。

もし今回の馬券が当たっていたら、てばおさんはバレないように自分のポケットからてばこさんに支払わなければいけませんね。

このお話をFX業者の立場で考えますと、もし顧客がみんな勝ってしまったらDD方式のFX業者は潰れてしまいますね。

そうならないために、DD方式の業者は顧客の注文を一旦吸収して、ポジション全体に偏りがあって自社に損害が出そうな時や、300Lot超えなどの大口の注文があった時などはリスク回避のためにインターバンク市場に顧客の注文を流します。逆に儲かりそうな時(顧客が負けそうな時)は自分の手元においたままにします。

 

てばこ
てばこ
あと余談なんだけど、DD方式の会社にスキャルピングが禁止の会社が多いのは、裁定取引に利用されちゃうからなのよね
てばお
てばお
サヤ取りってやつですね!(下記記事参照)
てばこ
てばこ
そうなのよ、DD方式の会社が掲示しているレートはインターバンク市場のレートを自社でちょっと変えて掲示しているから、DD方式の業者間では価格差が起きるのよ。それを利用して※裁定取引されちゃったら業者の利益の期待値はマイナスになっちゃうわね、だから高速で取引するスキャルピングは見つけたら凍結されちゃうのよね
てばお
てばお
はぁ~!スキャルピング禁止はサーバーに負荷がかかるとかそういう理由って聞いてましたけど、裏ではそういうことだったんですね~!
てばこ
てばこ
サーバーの挙動が損失に直結する世界なのに、顧客のスキャルピング程度でエラーが起きる貧弱なサーバー使うFX業者なんていないわよ。真実は全部自社の利益のためよ~!
てばお
てばお
ひえぇぇ、勉強になりますっ!

※裁定取引=アービトラージ

 

DD方式はスプレッドが狭い

DD方式を採用している業者は、FX業者の利益の源であるスプレッドをとても狭くできます。理由はもちろん、スプレッドで稼がなくても顧客の損失を利益に変えることで、利益を十分補うことができるからです。

スプレッドに利益を依存しているNDD方式(後述するSTP)の業者は低スプレッドにすると利益が減ってしまうので、とても真似できませんね。

DD方式の業者は低スプレッドを餌にして顧客を集めます。そして案の定、初心者投資家は低スプレッドのDD業者に吸い寄せられ、スプレッド幅が広かったり、変動するNDD業者はFX業界では苦戦することになります。

FXの世界では初心者は9割が負けると言われていますから、単純に考えるとDD方式の業者はその9割の注文を呑んでしまえば利益はでてしまいます。残り1割の強者の注文はインターバンク市場にさっさと流してしまえばいいですしね。

 

てばこ
てばこ
指標やファンダでトレードする人はけっこう※リクオートくらってると思うけど、あれは結構意図的なのよ~ 
てばお
てばお
だから僕は今まで勝てなかったのですね!
てばこ
てばこ
(それはまた別の問題ね)

 

リクオートに関してはこちら
スリッページについて
スリッページやリクオートってなあに?なぜスリッページやリクオート(約定拒否)が起こるのかを詳しく説明しています。 日本のFX業者の闇がちらりと見える案件でございますよ。...

 

なぜ日本の業者はDD方式が多い?

実は日本のFX業者の7割以上がDD方式を採用しています。理由は簡単で儲かるからです。

DD方式のほうが後述するNDD方式よりも儲かるということは世界のFX業者の共通認識としてあります。

しかし海外業者はほとんどがNDD方式で、DD方式を採用している会社は少ないです。なぜなのか?

これは日本人のトレーダーがスプレッドを最重要視するのに対して、海外のトレーダーは取引方法を重視するからです。

日本のDD方式の業者の「ドル円スプレッド0.3銭」なんていうのは世界一狭いです。

スプレッドが利益の根源であるNDD方式の会社は太刀打ちできません。(後述するNDDのECNは手数料が収入源)

日本人はDD方式やNDD方式なんてところに興味はなく、スプレッドの狭さで業者を選ぶ傾向があります。なのでDD方式の業者が圧倒的に有利ですね。

その結果としてDD方式が日本の主流となっています。

 

てばこ
てばこ
もちろん日本国内でもNDDのほうが良いんじゃないか?っていう情報はどんどん増えてきてるのよ。でも・・
てばお
てばお
でも?
てばこ
てばこ
DDやNDDの重要性に気付くのは中級者以上からよね、でもFXの世界では、ほとんどがそこに辿り着く前に退場するから日本ではずっとDDが人気なのよ 
てばお
てばお
なんと無慈悲な世界・・・

 

次はNDD方式の説明です

NDD方式の説明

DD方式の説明を読んでくれた方ならだいたいNDD方式はわかるかと思いますのでさっといきますね。

NDD(ノン・ディーリング・デスク)方式は、間にFX業者のディーラーを挟みません。なので、意図的な約定拒否が起こりにくいということが言えます。

そしてNDDのFX業者の利益はスプレッド収入や手数料に依存しているので、顧客にたくさん取引をしてもらうことが業者の利益になります。

 

てばこ
てばこ
この手数料がかかるってのがNDD業者の人気がない原因の一つなのよねぇ
てばお
てばお
DD取引業者は手数料かからないんですね
てばこ
てばこ
そうなのよ。でもDD業者はその手数料をお客がわからないようにとってるのよね。資金があるならトータルのコストはNDDの方が安くなるわよ。みんな気づいてないけど

 

あとNDD業者は、自分のところの顧客が勝ってくれてたくさん取引をしてくれるともちろん手数料がたくさん入ってきます。

するとそのNDD業者も儲かるので、顧客が勝てるように良い情報を流したり、投資のアドバイスなどをがんばります。もちろん顧客を騙したりしません。

FX業者と顧客の利益が相反していないんです。これすごく大事です。

 

トルコリラってスワップが凄く良いから、ずーーーっと持ったままの人も多いかと思うんですけど皆さん損してますよね。

で、2015年頃からトルコリラの分析情報だしたり、思いっきりすすめてくるのってDD取引業者ばっかりなんですよね。気づいてました?ジワジワ顧客からお金をとれますからね。

 

NDD方式はさらに2つに分かれます

STP方式=掲示するスプレッドにFX業者の利益を上乗せして表示します

(取引に手数料はかかりません)

ECN方式=業者はなにも仲介せず、顧客同士の注文が直接ぶつかります

(取引に手数料がかかります)

てばこ
てばこ
ECNはスプレッドが0に近いんだけど、1取引ごとに手数料がかかるわよ 
てばお
てばお
手数料って目に見えてとられるのはちょっと嫌ですねぇ・・・
てばこ
てばこ
でもSTP方式は手数料がかからないとはいえ、その手数料をスプレッドで見えなくしてるだけだし、さらに言えばDD方式なんて・・・ねぇ 
てばお
てばお
そういうことなんですね・・・

 

DDとNDD、結局どちらの方式が良いのでしょうか?

てばこ
てばこ
じゃあそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみるわねっ! 

 

まずはDD方式

メリット

  • スプレッドを狭くできる。(売買手数料が安い)

デメリット

  • リクオート(約定拒否)がおこる
  • 儲けすぎると口座が凍結
  • MT4未対応の業者が多い
  • 取引に透明性がまったくない

 

つづいてNDD方式

メリット

  • リクオート(約定拒否)が無い
  • DD方式よりは取引に透明性がある
  • MT4を使える業者がDDよりも多い
  • スキャルピングが可能

デメリット

  • スプレッドが広いので売買手数料が高い(STP)
  • スプレッドが変動して手数料もかかる(ECN)

 

てばこ
てばこ
上記を踏まえてなんだけど、まあ私はNDD方式の業者が好きねぇ。「DDは詐欺だから使うな!」と言い切れるほど最近のDDは悪でもないし
てばお
てばお
いや~、僕は正直どっちでもいいんですけど、これを見るとNDDの方がよく見えますねぇ
てばこ
てばこ
結局DD方式の利点はスプレッドを狭いってことだけなのよね、でも顧客の利益と会社の利益が相反するんじゃあ、いくら良いこと言ったって腹の中は顧客の負けを望んでるわよ
てばお
てばお
そうですねぇ、僕もちょっと良いところ探してみますね

 

実際にDD取引業者で多くの不明瞭な取引が行われていますが、ノミ行為という取引自体は流動性がない相場でも約定させることができますし、そのビジネスモデルに関しては顧客が責めるところでもないです。

DD取引で本当に気をつけるべきは、出金ができるかできないかのところですね。大勝ちしてからの出金は、業者の利益を持って出ていくことですからね。

これはノミ行為のせいと言うよりも、業者の良心的な部分によるところが大きいでしょう。

 

DD方式NDD方式とは? まとめ

てばこ
てばこ
結局専門用語も色々でてきて、初心者には難しい話になっちゃったかもしれないわねぇ、悪いわぁ
てばお
てばお
でもいずれは誰もがきちんと考えなければいけない事ですよね、勉強になりました!
てばこ
てばこ
ところであんた、この間私が頼んで負けた馬券。本当に呑んでないでしょうね?
てばお
てばお
なっ!姉さん!ぼ、僕はそ、そんなことするわ・・ガクガクブルブルジョビジョバァーーーーー!
てばこ
てばこ
・・・
とり子
とり子
・・・
要点まとめ

呑んでる・・絶対呑んでるよ・・・

 

FXはMT4の自動売買(EA)で儲ける! 自動売買(EA)とは? トレードをがんばっているのに何年もやってもFXで勝てるようにならない。 これってよくあるお話です...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove