てばこの独り言

スプレッドの狭い業者がいい業者?

狭いスプレッド
てばこ
てばこ
スプレッド幅はFX業者を選ぶ上で一つの目安ね~
てばお
てばお
国内業者は世界的に見てもトップクラスにスプレッドが狭いですね!
てばこ
てばこ
だから国内業者でスキャルピングをやればとっても儲かるわ~!
てばお
てばお
ひゃーーー!僕日本で生まれてよかったですぅ~!
てばこ
てばこ
なんて考えてるバカは一生勝てないわよ
てばお
てばお
ハハハ・・・ えっ?
てばこ
てばこ
今回は業者の闇と一緒にFX業者の利益について書いていくわよ~!

 

スプレッドが狭いということはなにで利益を?

売りと買いの価格差であるスプレッドはFX業者さんの大切な収入源です。

DD取引NDD取引の記事でも少し書きましたが、スプレッドが狭い業者さんというのは基本的に顧客と利益関係が相反するDD取引業者のみです。ドル円0.3pipsなんてすばらしいですよね、これがNDD取引業者だとドル円のスプレッドが1.0pips以上離れているのは当たり前になります。

 

てばお
てばお
いや~、国内業者さんの企業努力には頭が上がりません!利益削って良いトレード環境を提供してくれているわけですねっ!

 

・・・しかし国内のFX業者さん。実は世界的に見るともっとも儲かっているのが日本の業者さんなんだそうです。あれ?利益は少ないのに儲かってる?

 

↓DD、NDDがわからない人はこちらを先に読んでくださいね!

DD方式とNDD方式について
DD方式NDD方式とは? まずはDD方式(別名OTC)の説明です DD方式を馬券のやり取りに例えますと・・・ ...

 

DD取引業者の利益は他のところからきている

てばこ
てばこ
世界一儲かってるって言われてる日本の業者が、自分の利益を削って顧客に還元するなんてあるわけないわ!
てばお
てばお
ですよね~、というわけでDD取引業者の利益をご説明していきます!

 

スリッページは悪い方にだけ!

実はスリッページ、みなさんのイメージとしては必ず悪い方向にだけ滑るイメージだと思いますが、実は良い方にも転がることがもちろんあります。(ポジティブスリッページ)

しかしDD取引業者は基本的にポジティブスリッページは無いこととして、悪い方向のスリッページだけ採用しております。

海外のトレーダーと話をするとスリッページには一定の理解がありまして、それは良い方にも悪い方にもどっちにも転がるからです。

国内で、「スリッページ=悪」という認識は、DD取引業者が利益を追求しすぎたゆえに、作り上げてしまったイメージですね。

スリッページについて
スリッページやリクオートってなあに?なぜスリッページやリクオート(約定拒否)が起こるのかを詳しく説明しています。 日本のFX業者の闇がちらりと見える案件でございますよ。...

 

約定がなかったことにされる

これはてばこさん何回かやられております。

良いところで約定して大きく利益がとれたのですが、取引履歴に記帳されず、後日FX業者より取引をなかったことにする趣旨のメールが届きます。

 

てばこ
てばこ
しかもこれが、国内では超優良って言われてるところでしかもNDD業者だったのよ!
てばお
てばお
えっ?それってつまりどういうことですか?
てばこ
てばこ
NDDをうたっていても、裏ではDD業者みたいにノミ行為をやってたってことね!

NDDを謳っている業者でも、「一部カバー取引をおこなっております」みたいな文面があるところは、やっていることはDDに近いです。その辺りは残念ながら知るすべがないので諦めるしか無いです。

 

約定を遅らせて顧客の損をふくらませる

逆指値

 

これは以前、松井証券がやらかしまして実際に裁判にもなった事例なのですが、顧客があらかじめロスカットを指値でおいておいたのにもかかわらず、大きく値が動いた時にわざと約定させず、18秒も遅れて約定させたそうです。

そのおかげで顧客に1000万以上の損失がでたのですが、これに関しての司法判断は「10秒以上遅延したらそれはやりすぎアウト」ということで松井証券の敗訴となり、顧客は損失の一部が補填されました。

しかしこの裁判。逆に言えば10秒以下の遅延はセーフというボーダーラインを作ってしまった裁判でもありますので、現在も約定遅延は当たり前のように起こっております。

 

稼ぐトレーダーはシャットアウト!

てばこ
てばこ
呼んだ?
てばお
てばお
呼んでいません!

 

DD業者さんは顧客の損が自社の利益になるので、勝てるトレーダーはDD取引の業者にいてもらったら困るんです。そこで勝てるトレーダーが来ますと、先ほど書いたような嫌がらせをして追い出すのですが、ここでVDPというワードがでてきます。

 

VDPとはVirtual Dealer plug-in(バーチャル・ディーラー・プラグイン)の略でして、サーバーに組み込まれるプログラムです。

 

VDPという名前は一般的ではないので初めて聞いた方も多いと思うのですが、実は優秀なトレーダーをピンポイントで見つけて、スリッページや約定遅延を意図的に、さらには回線へ介入してトレード環境を妨害する機能までついているプログラムです。おもにMT4のトレードで利用されます。

 

てばこ
てばこ
なんでこれを紹介したかと言うと、実際に業者が妨害をしてるっていう決定的証拠なのよねこれ。FXの取引をよく理解していない人も、こういったものの存在があることを理解してくれれば少しは用心深くなるってもんよね!
てばお
てばお
本当に業者って妨害するんですね・・・ちなみにVDPが使われているのを見破る方法は?
てばこ
てばこ
これはウィルスとかの類じゃなくて、業者のサーバーに設置されてるから直接見破る方法はないのよ。取引データを取って証明するしか無いわね!

 

ガッツのある人はグーグル翻訳を使って読んでみて下さいね。

 

VDP動画出してくれてる方がいらっしゃいました

 

てばこ
てばこ
TitanはすぐにVDP発動するから勝ってる人達の間では有名なのよね
てばお
てばお
FXの指南サイトでTitanを勧めているサイトは気をつけてくださいね!そこは間違いなく勝ってないです!

 

ストップ狩り

てばこ
てばこ
これも別記事に書いたからそっちを見てもらうけど、主に海外業者や仮想通貨の業者で多いわね! 
てばお
てばお
これって冷静に考えるとすごいですよね・・、強引に値段を動かしてカットなんて力技・・・
ストップ刈り
ストップ狩りは都市伝説?ストップ狩りは意図的に起こされているのかということについて書いてみました。 複数のストップ狩りパターンがありますので、そのあたりから考察しています。...

 

とまあ、あの手この手で顧客の利益をDD業者は削っていきます。

話をもとに戻しまして、スプレッドが狭いことは一見トレーダー寄りの良い業者に見えますが、日本のFX業者が世界で一番利益を出していることを考えますと、スプレッドが0.3pipsのDD取引業者でも、上記のようなコストを勘案しますと実質スプレッドは2.0pipsくらいはあるのではないかと考えております。

 

てばこ
てばこ
だから、スプレッドが狭いっていうのだけで業者を選ぶと痛い目にあうってことよね
てばお
てばお
はい。それなら最初から潔くスプレッドを払って、気持ちよく取引したいものですね!

 

ちなみにDD取引というだけで悪質業者と決めつけるのは時期尚早ですが、やはりNDDに比べると透明性が低いということは理解しておかなければいけませんよ。また国内DD取引業者でも比較的良心的なところももちろんあります。

 

まあ低スプレッドで初心者に人気のヒロセなんかは、てばこさんもボッコボコにやられました。一見手数料が安くても見えにくいところでとられるんですよ。勝ってるトレーダーが使っている業者っていうのは本当に限られますよ!

 

スプレッドの狭い業者がいい業者?

てばこ
てばこ
ま、一見安く見える低スプレッドの会社だけど、裏はしっかりあるわけよ!
てばお
てばお
そうなんですよね。だって会社なんですもん。社員のお給料分とか稼がなきゃいけないですから、どこかしらで利益を作らないといけないわけですね
てばこ
てばこ
だから業者選びは慎重にってことよ~!

 

OANDAは数少ないまともな国内業者です↓

オアンダ
正統派のおすすめ国内業者「オアンダ・ジャパン」 国内FX業者の登竜門オアンダジャパンとは? OANDAは世界的な知名度で言うとおそらくナン...

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove